妊活中は女性ホルモン攻略が大事!女性ホルモンの基礎からホルモンバランスの整え方まで

女性ホルモン

妊娠したい
お肌がキレイでいたい
健康でいたい

などなど、女性の悩みを解決してくれるのが「女性ホルモン」です!

特に妊活女子は女性ホルモンの仕組みやバランスの整え方を覚えて、女性ホルモンを攻略していきたいものです。

女性ホルモンの基本

女性ホルモンとは?

よくテレビや雑誌などで「エストロゲン」と「プロゲステロン」という言葉を耳にしたことがあるのでは?
女性ホルモンはこの「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類あります。

エストロゲンの働き

美のホルモンと言われる「エストロゲン」は、美肌や精神安定をもたらし、排卵に向けて子宮内膜を分厚くします。

  • 肌や髪の新陳代謝を促す
  • バストを豊かにし、女性らしいカラダをつくる
  • 神経伝達物質セロトニンの働きを高めて、精神を安定させる
  • 排卵に備えて子宮内膜を厚くする
  • 骨にカルシウムを蓄える
  • 悪玉コレステロールの増加を抑える
  • 過剰になると乳がんや子宮体がんリスクを高める

プロゲステロンの働き

母のホルモンと言われている「プロゲステロン」は、子宮内膜をふかふかにしたり、体温を上げるホルモンです。

  • 子宮内膜に受精卵が着床しやすいように準備をととのえる
  • 体温を上げる妊娠したいときに胎盤から分泌され、子宮の状態を安定させる
  • エストロゲンが過剰になるのを防ぐ

妊娠と女子ホルモンの関係

リラックスした女性

排卵も着床も女性ホルモン次第なので、妊活女子はぜひとも覚えておきたい妊娠と女性ホルモンのことをおさらいしましょう。

生理が終わった後、エストロゲンが分泌される

エストロゲンは子宮内膜を厚くして、受精卵をむかえる準備をする

エストロゲンの分泌がピークになると、排卵が起こる

排卵後にプロゲステロンの分泌が高まり、子宮内膜のベッドを栄養豊かにふかふかにする

妊娠

もし妊娠が成立しなければ、プロゲステロンが次の排卵に備えて子宮内膜をはがして、生理として排出します。

女性ホルモンのバランスが大切

上記のように、毎月の排卵をスムーズにし、着床しやすい子宮を準備し、受精卵がしっかり育つためにも、この2つのホルモンのバランスが大切です。

もしバランスがくずれてしまうと、排卵や着床がうまくいかず、妊娠しにくくなってしまいます。

また残念ですが、年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌が少なくなってしまいます。
特にアラフォーアラサー世代は女性ホルモンを増やし、ホルモンを整えることが大切です!

女性ホルモンを増やし、整える方法

ポイント

女性ホルモンを整える生活とは、健康的な生活+アルファになります。
健康的な生活とは、一般によく言われている生活スタイルです。

  • 早め早起き
  • 規則正しい生活
  • バランスの取れた食事
  • カラダを冷やさない
  • 過労や過度なストレスをためない

など基本的なコトは説明する必要もないですね。
さらに、+アルファの部分にフォーカスしていきたいと思います。

ハーブで女性ホルモンを増やし整える!

女性ホルモンにいいハーブや、実際女性ホルモンと似た働きをしてくれるハーブを、ハーブレシピとともご紹介します。
※ハーブにはいろいろな効能がありますが、特に女性ホルモンや妊活に役立つ情報を中心に載せています。

 

ローズはホルモンバランスを整える

rose_red

女性に役に立つ多くの功能を持っています。ローズアブロリュートは溶剤抽出法で採取されたもので、ローズと区別されます。

作用

ホルモンバランスを整える精油として有名です。
子宮強壮作用もあり、PMSや月経不順などの女性特有の症状を和らげる働きがあります。
また緊張とストレスを和らげ、肯定的な感情を持たせる香りなので、妊活中のストレス解消にも役立ちます。

ローズのレシピ

ローズ精油を使った芳香浴、アロマバス、マッサージなどおすすめです。バラの香水やローズ入りコスメでローズの香りに囲まれるのも幸せな気分になりますね♪

レッドクローバーは女性ホルモンに似た働き

レッドクローバー

女性の美容や健康に役に立つ効能がいろいろあるレッドクローバー。
普通のクローバーは白い花が咲きますが、レッドクローバーはその名の通り赤い花の品種を指します。

作用

女性ホルモンと似た働きをするイソフラボン類、抗酸化作用を持つポリフェノールの中まであるフラボノイドを含んでいるんです!!ハーブってすごいんですね~
女性ホルモンの働きをサポートしてくれるので、PMSや更年期の症状にも有効です。

レッドクローバーのレシピ

レッドクローバーのハーブティーは、やや酸味がある味です。更年期やPMSなど、女性ホルモンの乱れが原因の症状におすすめのお茶です。

ハーブチンキは、女性ホルモンのバランスを整えたい時に、お水に数敵入れて飲みます。

注意!!妊娠中の女性は絶対に使用しないでください!
念のために、妊娠している可能性がある時期も避けた方が安全だと思います。

カモミール・ジャーマン&カモミール・ローマン

flower_chamomile

子宮に関係する効能が多いことから、「お母さんのハーブ」として有名です。
ハーブティーにはカモミール・ジャーマンが、アロマテラピーにはカモミール・ローマンが使われます。

作用

カモミール・ジャーマンとカモミール・ローマンはどちらも、女性の生理痛などのさまざまな症状を和らげてくれます。

レシピ

鎮静作用もあるので、夜アロマバスとしてアロマオイルを数敵たらして入浴したり、寝る前にハーブティーで飲むのがおすすめです。
敏感肌の方がお湯にアロマオイルを入れる際、1,2滴入れて様子をみてください。
心配な方は、アロマオイルではなくもっと穏やかなドライハーブを入浴30分前にお湯に入れてから入浴してみてください。

注意!!妊娠初期の女性は絶対に使用しないでください!念のために、妊娠している可能性がある時期も避けた方が安全だと思います。

フェンネル

古代ギリシャでは「痩せるハーブ」とも言われてきました。漢方でも使われていて、歴史の長い植物です。

作用

女性ホルモンと似た働きをもつエストロゲン様作用があり、ヨーロッパでは母乳の分泌を促進するハーブと言われています。

レシピ

ハーブティーにすると、ちょっとスパイシーで刺激のある香りのお茶です。むくみが気になる時、お腹が張るような時にもおすすめです。
フレッシュな葉や茎などは料理にも使うことができ、魚料理にとても合うので「魚のハーブ」とも呼ばれているほどです。

女性ホルモンを整える葉酸サプリ

葉酸やビタミンB6、12などビタミンB群は、女性ホルモンを整える働きもあります。
また、葉酸とビタミンB12の血液中の濃度が濃い女性は体外受精や顕微授精の成功率も高いとの報告もあります。

女性ホルモンの疑問

woman_question

Q1:生理が周期的に来るから、女性ホルモンの問題はない?

A:いいえ
生理が規則的に来ても、もし生理過多や生理少なすぎる、出血期間が長すぎる、短すぎる場合は、子宮筋腫や無排卵などの可能性があります。生理が周期的に来ても、ホルモンバランスがいいとはかぎりません。

Q2:胸が大きい女性は、女性ホルモンも多い?

A:いいえ
張りのあるバスト、女性らしい体つきは女性ホルモンと関係がありますが、だからと女性ホルモンの分泌量が多いとはかぎりません。
胸が大きくても、生活が不健康だったりストレスが多かったら、ストレスバランスはくずれてしまいます。

Q3:お肉をたくさん食べれば、女性ホルモンが増える?

A:いいえ
お肉に含まれるコレステロールはホルモンの原料です。
しかし、お肉だけたくさん食べても、生活が不健康だとホルモンをつくるシステムが働かなくなります。
規則正しい生活にバランスのいい食事があってこそ、コレステロールがホルモンの原料として役に立つのです。

まとめ

女性ホルモンの働きから、ホルモンバランスを整えるハーブまでをご紹介しました。
ハーブをアロマオイルやハーブティーでうまく妊活ライフに取り入れていきたいですね!

※今飲んでいる薬や、排卵薬などとの飲み合わせが心配な方は、かかりつけのお医者さんに聞いてみてください。
妊娠中の方や、妊娠している可能性がある時期などは使用を避けるようにしてください。

 

ヨウ素なしの葉酸サプリAFC

 

マルチビタミンミネラル入り葉酸サプリ

2018年Amazon「妊活本」売れ筋ランキング1位     ↓ ↓ ↓
2018年Amazon「妊活本」売れ筋ランキング2位 ☆ ☆ ☆

おすすめ記事

      2017/04/24

 - 女性ホルモンについて