葉酸と鉄分で子宮を温める¦妊活女子必読!

子宮温活

子宮温め対策

子宮は骨盤の内部にある臓器で、直接触れられないので、なかなか冷えを実感しにくいですよね。お腹に手を触れて温かくても、子宮が冷えている場合もあります。

東洋医学的考え方からすると、口の周りが「青っぽかった」り、「黒っぽかった」り、「白抜け」していると、子宮が冷えている状態の現れだと考えられます。

子宮を冷えたままにしているとホルモンバランスも崩れ、卵巣機能も低下してしまいます。
さらに着床しにくくなってしまうのです。
その上、子宮筋腫や子宮内膜症の原因にもなってしまいます。

子宮の冷えは、なんとしても阻止したいですよね

٩(๑•̀ω•́๑)۶

温める方法はいくつかありますが、今回はサプリメントの観点から葉酸と鉄分の組み合わせで、子宮(卵巣)を温める作用をご紹介します。

葉酸の子宮を温める働き

葉酸の多いほうれん草

葉酸は血液を作る働きがあり、また血行も良くする働きもあるので、子宮内の血流も良くなります。ビタミン12も造血作用があるので葉酸と一緒に組み合わせるのが、おすすめです。

鉄分の子宮を温める働き

鉄分のヘモグロビン

女性の70%は鉄不足と言われています。
食事やサプリなどによって鉄分がしっかり補われると、血液中の赤血球(ヘモグロビン)が増えます。
赤血球(ヘモグロビン)の原料になっているのが、この鉄分です。

血液が増えればカラダの血液の量も増え、血流も良くなることで、栄養が体の隅々まで送られます。
結果、子宮の血液量も増え子宮が温められます。

妊活におすすめのポイント

葉酸+鉄分の人気の葉酸サプリ

造血ゴールデンコンビである葉酸と鉄分に更にビタミンB12が加わったサプリをお探しなら、妊活中に必要な分量が配合されているサプリを選ぶのがポイントです。

厚生労働省がおすすめしている葉酸摂取量は1日400、
30歳~49歳の鉄分推奨量は11.0mg、必要量は9.0mgです。

各サプリの葉酸+鉄分含有量

ポイント

葉酸+鉄分+ビタミンB12が入っている人気のサプリメントを3つご紹介します。

ベルタ葉酸サプリの含有量

妊活中のベルタ葉酸サプリ

葉酸 400
鉄分 16mg (ヘム鉄+非ヘム鉄)
ビタミンB12も含まれています。

ベルタ葉酸サプリの口コミ

AFC葉酸サプリの含有量

AFC葉酸サプリ葉酸 400
鉄分 10mg
ビタミンB12も含まれています。

AFC葉酸サプリ口コミ

はぐくみ葉酸サプリの含有量

はぐくみ葉酸サプリ

葉酸 400
鉄       1.0mg
ビタミンB12も含まれています。

まとめ

厚生労働省が勧めている葉酸+鉄分の含有量をクリアしているのは、ベルタ葉酸サプリだけです。
AFCは葉酸はクリアしていますが、鉄分が10mgで推奨量の11.0mgにやや足りませんが、必要量9.0mgクリアしています。

ベルタはその他ビタミンミネラルも豊富で、その上ツバメの巣など美容成分も含まれています。

お値段がその分高くなってしまいますが、他の美容サプリを飲まなくてもいいくらいなので、1個で妊活も美容も済ませたい方におすすめです♪

AFCはビタミンミネラルも入っているんですが、ベルタと比べて成分が少なめです。その分価格がリーズナブルになっています。

はぐくみ葉酸サプリは、鉄分が足りないので別に鉄分を補う必要がありますが、オーガニック由来の成分にこだわる方におすすめです。

関連記事 :  妊活中に葉酸を摂った方がいい3つの理由&サプリを選ぶ3つの基準

 

ヨウ素なしの葉酸サプリAFC

 

マルチビタミンミネラル入り葉酸サプリ
2018年Amazon「妊活本」売れ筋ランキング1位     ↓ ↓ ↓
2018年Amazon「妊活本」売れ筋ランキング2位 ☆ ☆ ☆

おすすめ記事

      2017/05/03

 - 葉酸サプリメントについて , , ,